「生きる力」のほっこりDAY ご報告

令和元年10月20日(日)

生きる力実行委員会主催のほっこりDAYがありました。

最初に、ほっこりDAYの説明から…

何かイベントをする!とか、どこかに行く!何かをする!が目的ではなく、

みんなが集まって、気持ちを寄せて繋がって、共に時間を分かち合い、顔を見合ってしゃべり合い、

遊び合って、ゆっくりと一日を過ごす。

そんな、まさにほっこりした一日を!という実行委員さんの生きる力に満ち満ちた、

心穏やかで優しさに溢れたほっこりDAY


そんな一日は、まず、あさも畑で芋探しをするところから!
芋堀りではなく、芋探しという宝探し♪

芋探しはお手のものの大きいさんから、

芋プロのあさもっちゃんや園長と、うまく在りかを一緒に探す小さいさん、

どうにか子どもに負けじと探す大人まで。

良い感じの泥んこにみんなでまみれながら、一生懸命、土と戯れました。

秋の風が吹き、季節の花が咲き、カマキリやミミズが顔を出し、

そんな大地に根差した豊かさと恵みの場所。あさも畑。

 

そんな素晴らしい畑のお芋を大事に抱えて、次なる場所は、西山のお山の園舎。

さっそく火おこし。お鍋の準備。

みんなが持ち寄ったお鍋の具は、それはたくさん。

大根、人参、お葱に、かぼちゃ、豆腐に、鶏肉、

お揚げに、つみれ、餃子とちくわ、果ては餅まで入って、

まるでほっこりDAYに集まった人たちに匹敵する具材の数。

ぐつぐつ煮込まれ、昆布や干ししいたけのベース出汁から、

参加者ならぬ参加具材のお出汁が相まって、その味の滋味深さと旨さたるや、

ほっこりDAYの人々の繋がりを象徴するお鍋の出来上がり!

そして、お鍋づくりを楽しむ傍らで、柿を大木からもぎ取り、剥いてもらって、

素敵な干し柿の準備完了!だったり、

あさもっちゃんが、あさも畑で採ってきてくれた新鮮野菜をちぎり、切って、ドレッシングと和えて、

採れたて出来たて♪箸の止まらぬ新鮮サラダの完成!だったり、

それぞれが、ほうぼうで、思い思いにやりたいことを楽しむ人々人々。

そして、煮えたかどうだか食べてみよ!と、それはかぐわしいお味噌の匂いが漂う頃には、

誰彼ともなく、みんなが集まって、ごはんタイム。

おにぎりに、お鍋に、サラダにと、贅沢に頬張り、話が弾むそばでは、

かのお芋たちがいい感じで、ほっくり甘く出来上がってきます。

あっという間に、大鍋に、なみなみと君臨していたお汁がなくなり、その炭火を使って、

どうやら遠くであさもっちゃんと子どもたちが、細い棒の先に白い玉をつけて・・・

火にくべているではありませんか・・・。その白き玉は・・・???

マシュマロか!!・・・いやいや違うぞ・・・小餅かな?・・・団子??・・・・うーむ・・・・

目を凝らして見ると、それはなんと・・・・・・一口チーズ!・・・・はい!それ正解!!

チーズを炭火で炙って、さっきのサラダにはいっていたサニーレタスに巻けば、

子どもも大人も喜ぶ食後のお楽しみ完成!!

そんなお芋やチーズを味わいながら、子どもたちは遊びに興じ、

大人たちはおしゃべりに興じ、あっという間に時間になる。

もう帰るの・・・??なんて、名残り惜しさを忍ばせて、

みつばちさんも、なのはなさんも混然一体、みんなで、築山で集合写真をパチリ。

行きも帰りも、農道も山道も、ほっこりの人々もたくさんの荷物も、

全部込み込みで、園バスを運転してくれる両園の名ドライバー

せんどうさんと野田さん。

運転も運転以外も、今日という一日を支えてくれる縁の下のまっこと力持ち。

そのオーラとカッコよさ半端なし。

 

在園児さんも卒園児さんも、保護者もOBも、先生も脱先生も、みつばちもなのはなも

みんなみんなーそこにいるんだ、友だちなーんだー!という、

生きる力を静かにたたえた 「ほっこりDAY」 でした。